ニコン、望遠端3000mm相当の125倍ズーム機「COOLPIX P1000」海外発表

coolpix_p1000.jpg

ニコン、かねて噂のあった、レンズ一体型デジタルカメラ「COOLPIX P1000」を9月に海外で発売。

米国での価格は999.95ドル。日本での発売は未定。
35mm判換算24-3000mm相当F2.8-8の125倍ズームレンズ搭載。
※「COOLPIX P900」のは4-2000mm相当F2.8-6.5(83倍)。
撮像素子:有効約1,600万画素、1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー。
4K動画記録、RAW(静止画)記録に対応。EVF:約230万ドットOLED。
外形寸法:約146.3×118.8×181.3mm。重量:約1,415g

「デジカメinfo」http://digicame-info.com/2018/07/coolpix-p1000.html#more より

【当ブログ管理人@Efuの感想】
今まで野鳥などの撮影に一眼レフを使っていたユーザーが、1,415gという重量と画質などを考慮した場合、これに乗り換えることになるかどうかは微妙かもしれない。たとえ、一眼レフの予備機と位置づけた場合(COOLPIX P900はそういう使い方が多かった)でも、その辺りは難しい判断となりそうだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント